新世界LABOとは?

新世界LABOは、全ての人が本当にやりたいことをやれる世界を創る研究所です。

世界中の全ての人がお金や時間、仕事、会社、性別、政治、伝統、人種、宗教などに一切束縛されることなく、心から望むやりたいことを思う存分やれる。

そのような新世界をどうやって実現させられるのか? を新世界LABOでは研究しています。

いま世界はどうなっているのか?

現在の日本を見てみると、お金のために働き、仕事と生き方を天秤にかけ、本当にやりたいことをやれずにストレスを溜め続け、生きづらさを感じている人で溢れかえっています。世界を見回してみれば……

生活のために朝から晩までゴミを拾っている。
お金のために地に頭をこすりつけ物乞いをしている。
生きるための水を汲むために何キロもの道を歩いて一日が終わる。
ペンではなく銃を持たされ殺人を教えられている。
住む場所がなく下水道で暮らしている。
民族差別で国を追われ、生まれた土地を去らなければいけない。
内戦による空爆に怯え、安心して眠れない。

そんな人たちが大勢います。本当にやりたいことをやれるどころか、食べたいのに食べれない、安心して眠りたいのに眠れない、学びたいのに学べないといった守られて当然の『人権』が無視されてしまっている。それが今の世界です。

私たちはもう、そんな世界に住みたくはありません。私たちの子孫にもそんな世界を残したくはありません。そして、無関心を装い、無視をする生き方もしたくありません。そのような想いの元、全ての人が本当にやりたいことをやれる世界を創るために新世界LABOが設立されました。

新世界をつくる3つの要素

新世界LABOでは、新世界をつくるためには3つの要素が必要だと考えています。

要素1:自立 

全ての人が本当にやりたいことをやれる世界をつくるために欠かせないのは、わたしたち人間ひとりひとりが本当にやりたいことをやることです。

人は本来、自由な存在だと新世界LABOは考えます。しかし、残念ながら本来持つ自由を十分に発揮できていません。その原因は、心に潜む分離感です。「わたしたちは、べつべつである」という分離感は、欠乏感となり、様々な恐怖を産みます。私たちは、分離感から来る恐怖から逃れようと、お金と心を天秤にかける人生を送ってしまうのです。それだけでなく、こうした恐怖から免れるためにヒエラルキーを構成し、思い通りにならないストレスを他人やモノで発散するハラスメントを引き起こします。こうした個人、社会的問題を解決していくためには、わたしたち個人個人が分離感を取り除くことが必要だと考えます。

分離感を取り除くと、恐怖ではなく愛を源泉に自分の行動の選択をすることができます。自分以外の何かで心の隙間を埋めることはありません。周りの評価に振り回されることもありません。自分の意志で自分の人生を作りあげ、自由を謳歌することができるようになるのです。こうした精神的に自立をし、自分の本当の人生を生きる土台をつくること。それがスタートだと新世界LABOは考えます。

要素2:創造 

本当にやりたいことをやる。それを妨げる壁の最たるは、お金です。つまるところお金を起因とする様々な問題によって、本当にやりたいことを先延ばしにしたり、諦めてしまうのです。しかし、お金を理由に人生を諦める必要は全くありません。なぜなら、お金は誰でも簡単に創り出せるからです。

人間には本来、目の前の現実を自分の意志で自由に創造できる能力が備わっています。この能力を自分の意志で使いこなすことができれば、お金はもちろん、時間や人脈、機会など望む現実を創り出すことができます。何かが足りないから、とやりたいことを諦める必要はありません。私たちは自らが望めば、自分の意志で自分の現実を自由に創り出すことができ、本当にやりたいことを命果てるまでやることもできます。これは空想でも夢物語でもなく、般若心経などの経典にも記され、最近では量子力学の研究でも実証されたスキルです。

この現実創造能力に目覚め、自在に使えるようになる。こうした私たちひとりひとりの創造力の向上が、新世界に大切な要素だと考えます。

要素3:応援 

本当にやりたいことがみつかり、その一歩を踏み出せたとしても、それが一過性で終わり持続できなければ意味がありません。そのため、本当にやりたいことを100年やり続けられる状態にしていく、つまり持続可能な状態をつくることが大切だと新世界LABOは考えます。

本当にやりたいことをやり続けるためには、お金が必要だと考えがちです。しかし、お金は必要ありません。本当に必要なことは、『応援』です。応援が集まれば、本当にやりたいことをやるためにお金や時間、知恵、情報、機会など必要なリソースは手元に集まってきます。自分の本当にやりたいことを応援してくれる人たちと一緒にカタチにしていく。ひとりで頑張る必要はありません。互いに応援しあい、互いの本当にやりたいことをカタチにしていく。こうした人のつながりが持続可能な状態を生み出します。

お金の問題を解決するのはお金ではなく、人です。人とのつながりを意識し、応援しあう関係性があるからこそ、本当にやりたいことをやり続けられると新世界LABOは考えます。

 

新世界LABOの願い

もっと自由に生きよう!

これは、新世界LABOが最も伝えたいメッセージです。

私たち人間は本来、自由な存在です。

好きなことを好きな時に、好きな場所で、好きな人と、好きなだけできる。

そんな自由な生き方ができる存在です。

しかし実際はどうでしょう。

お金や時間、仕事や家庭、政治や性別、人種、伝統などによって行動が制限されてしまい、やりたいことを思う存分にやれない状況にあります。

そして何よりも、お金が無い、時間がない、自信がない などといった言い訳により、自分自身を束縛し、自らの可能性を閉じ込めてしまっているのではないでしょうか?

最も罪深いのは、そのような束縛された生き方が当たり前だと勘違いし、自分の人生を諦めてしまうことです。

私たち人間は自由な存在です。

私たちはいつでも自由に生きることができます。

新世界LABOでは自由に生きる研究をし続け、多くの人が束縛された生き方をしている本当の原因を突き止め、解決策を見出すことができました。

私たちが日々感じている束縛は、取り除くことができます。

そして、もっと自由に生きることができます。

全ての人があらゆる束縛から解放され、心の思うまま自由に生きられる。

そんな世界をあなたと一緒に創っていきたい。

それが新世界LABOの願いです。

さぁ、もっと自由に生きよう!!

PAGE TOP
MENU