そもそもセールスとは何か?その本質の理解はセールス力を向上させる

僕は、多くの人のセールス力向上のためには、セールスプロセスのシンプル化が必要だと感じています。

カップラーメンの作り方くらいシンプルになれば、もっとセールスが身近になるのではないか?

そう僕は思うんですよね。

そのためには、『セールス』の分かりやすい定義が必要だとずっと考えていました。

『セールス』 イコール 『商品を売ること』 という考え方のままでは、どうしてもビジネスの範囲にとどまってしまいかねません。

そうではなく、もっと広義の意味で『セールス』を定義することができたら、『セールス』というもののハードルが下がり、その在り方、そして方法がガラッと変わるのではないか?

そのように感じて、セールスの定義について考えていたんです。

そしてようやく「そもそもセールスとは何か?」の考えがまとまり、セールスを定義したので、ここでご紹介しますね。

 

僕はセールスを次のように定義しました。セールスとは。。。

『目の前の人を幸せにするアイデアを提案し、取り入れてもらうまでの一連の行為』

 

もちろん、様々な定義があることでしょう。しかし、僕は

『セールスとは、目の前の人を幸せにするアイデアを提案し、取り入れてもらうまでの一連の行為である!』

と定義をしました。

一般にいう商品を売るセールスは、この定義のプロセスで、金銭が発生するというだけの話です。

 

セールスの根底にあるのは、目の前の人を幸せにしたいという愛です。ここを無視するとセールスは困難を極めます。

目の前の人を幸せにするために自分が何ができるかを考え、そのアイデアを提案することが、取り入れてもらうことより先にあります。

セールスを『商品を売ること』と考えてしまうと、まず第一に商品を取り入れてもらうことに意識が向きがちです。

アイデアも相手の気持ちを無視したものである場合も少なくありません。

その結果はどうなるか?

売り込みという強引な行為に及んだり、売れるまでに時間がかかり無駄なコストを要したり。。。

目の前の人を幸せを置き去りにし、自分がまず幸せになるために商品を売ろうとしたって、うまくいくはずがありませんね。

 

セールスを『目の前の人を幸せにするアイデアを提案し、取り入れてもらうまでの一連の行為』であり、金銭が発生する場合もあると考えると、セールスの方法、その取り組む姿勢は変わって来るのではないでしょうか?

目の前に困っている人がいる。

自分に何ができるかを考えて提案する。

金銭が発生するのであれば、それも伝えて、取り入れてもらう。

セールスって、実はそれだけです。

セールスは、愛から始めなければならない。

僕は、そう感じています。

 

もしも、セールスが上手くいかないと感じているのであれば

セールスとは、目の前の人を幸せにするアイデアを提案し、取り入れてもらうまでの一連の行為である

この定義で、ご自身のセールスを見直してみてはいかがでしょうか?

きっと新しい道が見つかりますよ。

コメント