「セミナー講師は、好きな人と世界を旅できるよ」誘惑に乗った11年の結果

僕がセミナー講師になろうと決断したきっかけは、シンガポールで開催されたNational Achievers Congressにて登壇者のJohn Childersの

「セミナー講師になったら、世界中を好きな人と旅ができるよ」

の一言。

世界中のトップスピーカー達のステートやプレゼンテーションをみて、まるでロックコンサートのような衝撃を受け、

「俺もセミナー講師になって、あのステージに立ちたい!」

という想いがググググっと湧いてきたのは確かなのですが、まだその道に進むことに迷いがありました。

その迷いを断ち切り背中を押したのが、

「セミナー講師になったら、世界中を好きな人と旅ができるよ」

これです。

 

ぶっちゃけたところ、これまでの経験を誰かの役に立たせたい、なんて崇高な想いは一切なく、ただただエゴイスティックな動機からセミナー講師になったんですね。

でも、「セミナー講師になったら、世界中を好きな人と旅ができるよ」の誘惑に乗ったからこそ、子ども達が安全に学べる世界を作りたい、という別の想いが湧いてきたし、人間としても大きく成長させてもらったと感じています。

 

さて、そんなキッカケでセミナー講師になり、僕はずっと、「セミナーをしながら旅をしたい!」と思っていたわけです。

そして、その方法を模索していたのですが、どこか違和感を感じ、思うように前に進みません。

どこに違和感があるのか?

もしかして旅が嫌い?

セミナーをしたくない?

いやいや、セミナーも旅も寝食を忘れて没頭できるからそれはないだろう。

では、どこに違和感があるの?

その様に自分と向き合い、1つ1つを確認していったところ、

セミナーと旅が僕の人生においては重要な要素であり、これらを僕から取り除いたら僕ではなくなる

ということが分かりました。

そして、感じていた違和感は、優先順位です。

僕が本当に望んでいるのは、セミナーをしながら旅をすることではなく、

旅をしながらセミナーをする

ということだったんですね。

それまでは旅とセミナーは同列、いやセミナーが旅よりも重要だと思っていたのですが、実は、セミナーよりも旅が重要だったんです。

スッキリ!!

いやぁ、非常にスッキリしましたよ。

この気づきは、これからの僕の自分の生き方が決めることにもなりましたからね。

 

それからというもの僕は、旅を軸にした生き方をしています。

これがまた面白いもので、昨年の夏ごろに、「旅を軸にして生きる」と決めてから、旅をする機会がどんどん増えました。

これまでやったことがない旅の仕事も入ってきて、旅をしてお金を稼ぐことも出来ましたし、旅をしながらセミナーをする機会もぞくぞくと増えてきています。

旅をして幸せな気分でいるので、セミナーも良い状態で開催することができています。

色々と順調に物事が動いている感覚がありますね。

そして、これは「セミナーをしながら旅をしたい」という思いで行動していた時には、全く味わえなかったこと。

自分の生きたい生き方をすると、ここまで違うのか!

ほんと雲泥の差です。

 

今から思うと、「セミナー講師になったら、世界中を好きな人と旅ができるよ」という言葉に惹かれたのには、意味があったのだと思います。

あの時、Johnの誘惑に乗ったからこそ、こうして楽しい人生を送ることができるようになりましたからね。

Johnに会うまでは、自分がどのような生き方をすればいいかが分からず、そして、未来に希望が持てず、お酒で気分を紛らわす毎日を送っていました。

退屈で退屈で、死んだ方が楽なじゃないかと思ったことさえあります。

そんな状態から考えると、今は本当に夢のような状態。

誘惑に乗ってみるというのも悪くないですね。

人生は面白いです。

これからも、旅を軸にした生き方をしていきます。

トォーッ!!

(山梨県本栖湖にて桟橋よりダイブ^^)

コメント