全人類が『美しい』と感じる生き方について新世界カフェで雑談してみた結果

「あ~、その生き方って美しいよね~」って万人が感じる生き方ってあるのか?そんな答えを探るべく、先日、是空道場メンバーとZoomで新世界カフェを開催しました。新世界カフェは、新世界とはどのような世界なのかを語り合うイベント。今回のテーマは、『美しい生き方』。僕は、美しい生き方が世界をもっと美しくすると思っているので、新世界を作り出す美しい生き方について語り合いました。

 

『美しい生き方』といっても、美しさは感性なので人それぞれなのよね。なので、誰かが『美しい生き方』というテンプレートを創るのではなく、各人が美しいと思う生き方をすれば良いんじゃないかなって感じる。その一方で、万人が「美しい」と感じる絶対的なものもあるのではないかなとも感じているのよ。なので、万人が万人、

「あ~、その生き方って美しいよね~」

って言ってしまうような生き方を見つけようと、

美しい生き方とは、どのような生き方か?
どのような人が、美しい生き方をしていると思うか?
どうしたら、生き方を美しくできるか?

などを雑談をしながら、参加者と一緒に考えていきましたよ。

 

するとね、美しい生き方に関して、

自分を素直に見ている
時間とお金の使い方が最適化されている
精神的自立
自分のニーズをどれだけ自分で満たせるか
目の輝き
立ち姿、振る舞いの美しさ
生きているだけで満足している

などの意見が出てきた。そこで、感じたのは、

『本当にやりたいことをしている』 というのは、美しい生き方の根底にある

ということ。本当にやりたいことをしている人は、生き生きと輝いているよね。そして、『本当にやりたいことをする』という中に色々と詰まっている、そんな気がするんだよなぁ。

 

何が詰まっているかっていうと、まぁ色々なんだけど、その最たるは、『自分自身を無条件の愛で満たす』ということだと僕は感じるんだ。

『本当にやりたいことをする』っていうのは、自分自身への貢献に他ならないんだよね。それはつまり、自分に無条件の愛を示すっていうことであり、自分の心を自分で満たすという精神的自立でもある。そこには、トレードや打算のもとになる恐怖は一切ないし、生き方に嘘がない。「もっとやりたい」「もっと良くしたい」というこだわりの追求があり、その結果に対する責任感もある。心が満たされているので、いつもご機嫌だし、それを誰かにシェアする心の余裕もある。

『本当にやりたいことをする』っていうのは、こうしたことがギッシリ詰まっている感じがするんだよね。こういう生き方が世界人口76億人全員ができたら、どうなる?そりゃぁ、世界はもっと楽しくなるし、もっと美しくなるよ。

そう考えていくと、『本当にやりたいことをする』が美しい生き方の土台だとするのであれば、新世界はきっと『本当にやりたいことをやることが当たり前の世界』なんじゃないか? って。なんか、そんなイメージが膨らんだ。

新世界を語りあうと、イメージをどんどん膨らませてくれるし、解決策のアイデアも出てくるから面白い。

また、やろうっと。

コメント