人間の4つの悩みからセミナーの専門性を定義する

人間の悩みは、大きく分けて4つしかありません

お金

人間関係

肉体(健康/活力/外見)

自己実現

 

個人であれ法人であれ、大きくはこの4つに分かれます。

 

セミナービジネスを構築するとき、何の悩みを解決するのか?についてを設定する必要があります。そして、様々な悩みを解決しようとすると大抵は失敗するので、せめてこの4つの悩みから1つを選び、

私のセミナーは、お金の悩みを解決するセミナーです

今度、肉体の悩みを解決するセミナーを開催します

くらいは言えるようにしたいものです。

 

さて、この4つの悩みから1つを選ぶと、さらに悩みを絞りやすくなります。

 

例えば、お金の悩みを更に細分化すると、

  • 年収をあげたい
  • 借金が返せない
  • お金を借りたい
  • 節税をしたい
  • お金を守りたい
  • 資産を増やしたい

などなど。

 

肉体で言えば、

  • 疲れを取りたい
  • 血糖値を下げたい
  • ぐっすり眠りたい
  • いつまでも若々しくいたい
  • 腹筋を6つに割りたい
  • ダイエットでくびれを作りたい

などが挙げられますね。

 

こうして悩みの細分化をすることによって、セミナーに専門性が生まれます。

私のセミナーは、資産を増やすセミナーです

今度、腹筋を6つに割るセミナーを開催します

といった感じですね。

 

ここに性別や職業、業種、時間などをプラスにすると、セールスにも使えるようになります。

私のセミナーは、3カ月で資産を5倍にするセミナーです

今度、弛んだお腹を2カ月でバッキバキに割るセミナーを開催します

といった感じでしょうか。

 

コーチングやNLP、ヒーリング、カウンセリングを学ぶと、あれこれと解決ができてしまうために、なかなか悩みを特定できず、

「何でも解決できます」

なんてことを言ってしまいますが、悩みを特定し、専門性を発信しないと、お客様の反応は鈍くなります。

 

  1. 私は、あらゆる悩みを解決できるセミナーを開催しています
  2. 私は、肉体の悩みを解決するセミナーを開催しています
  3. 私は、弛んだお腹を2カ月でバッキバキに割るセミナーを開催します

 

この3つのどれにお客様が反応しやすいかは、一目瞭然ですね。

 

セミナービジネスは、専門性を謳うことです。

そのためには、人間の4つの悩みから細分化して、セミナーを定義していくと、反応は大きく変わってきますよ。

 

コメント