羽生選手のパーフェクトパッケージ!セミナーをアートの域に高めたい!

平昌オリンピックのフィギュアスケート男子で優勝し、2大会連続で金メダルを獲得した羽生結弦選手。

彼の目標は、

パーフェクトパッケージ

だそうです。

 

彼のコーチであるブライアン・オーサー氏が『トータルパッケージ』という言葉を口にしているらしく、

全てにおいてまとまっている、全てにおいて強い

という意味だそう。

 

羽生選手はこのトータルパッケージをなぞらえて、

パーフェクトパッケージ : すべてが完璧である

を掲げ、

「全てが揃っている、全てが完璧であるスケーターを目指したい!」

と、とあるテレビ番組のインタビューで語られていました。

あれだけ美しい演技をしながら、さらに完璧さを求める姿勢というのは、さすが王者であり、感服の気持ちでいっぱいです。

 

パーフェクトパッケージという言葉を聞いたときに、僕が真っ先に思い浮かべたのは、キングオブポップと呼ばれていたマイケル・ジャクソン。

映画『This is it』やライブ映像を見ると、演技や演出はもちろんのこと、その立ち姿すらも完璧。

完璧を追求するからこそ、美しさがあり、芸術性があり、人を熱狂させ、感動させるのではないか?

その様に僕は思うんですね。

 

僕は、セミナーをアートの域にまで高めたいと思っています。

これは長いこと考えていることで、セミナーを単なる学びの場、体験する場ではなく、そこに芸術性を追加できないかと。

それは、会場が華美であるとか、演出が豪華とかそういうことではなく、セミナーという時間と空間が完全に調和がとれていて、1つの生命体として息吹を感じるような感覚です。

そのようなセミナーを作り上げるためには、その一切合切が完璧である必要があると僕は考えているため、羽生選手の『パーフェクトパッケージ』に強く共感を感じています。

 

僕は、セミナーはもっと美しくあって良いと思っています。

芸術性があって良いと思っています。

セミナーというフィールドがアートであり、それを講師や受講者、スタッフたちと一緒に作っていけたら、セミナー業界はもっともっと楽しくなっていくのではないかなと、僕は感じています。

パーフェクトパッケージ

僕も精進して、セミナーをアートの域に高めていきます。

コメント