富裕層の人って悩み無さそうなんだけどセミナーに参加するの?

富裕層の人って悩み無さそうなんだけどセミナーに参加するの?

今から11年前の僕は、そんな疑問があった。

お金を持っていようがいまいが同じ人間なので、何かしらの悩みを抱えストレスを感じる

というのは考えたらわかるようなものなんだけど、当時の僕は、

富裕層の人ってお金もあって何のストレスも感じずに楽しく、悠々自適に人生を謳歌しているんじゃないか?

と思っていたんだよね。

 

でも、お金を持っていたら、何の不自由もなく人生がうまくいくなんてのは、本当に勘違いだった。

富裕層でもセミナーに参加するんだよね。

 

サンディエゴで開催されたアンソニー・ロビンズのリーダーシップアカデミーに参加した時に出会った方は、

フロリダのディズニーリゾートに別荘持ってます

みたいな人たちがゴロゴロいたなぁ。

僕のセミナーにも、年商6億円越えの経営者やメルマガ登録数3万人超えの起業家なども受講してくれたりするからね。

国内外に関わらず、富裕層でもセミナーに参加するというのが僕の実感だね。

 

実際のところ、富裕層の人も沢山の悩みを抱えている。

お金で言えば、お金を失いたくない人、もっと稼ぎたい人、子どもに資産を残したい人、お金を追いかけることに疲れた人、など、お金だけでもこれだけの悩みがある。

そして、お金があっても、人生がうまくいかずに悩んでいる。

例えば、夫婦関係、親子関係、恋愛関係などの人間関係がうまくいっていない人。

例えば、健康が損なわれていたり、外見のコンプレックスに悩んでいたり。

例えば、経営する会社のコミュニケーション低下や売上不振、後継者不足。

例えば、仕事が忙しすぎて、家族と過ごす時間や、趣味に使う時間がない。

こうしてみると、実は抱える悩みというのは、富裕層とそうでない人にそれほど違いはないんだよね。

富裕層を自分で創り上げたフィルターを通して見るのではなく、1人の人間としてみたときに、こうした悩みを抱えていることがわかるし、こうした悩みを解決したがっている、ということに気づく。

そして、自分に役立てることがある、ということもね。

 

僕のところには、

「商品単価が上げられない」
「売上をもっと伸ばしたい」

といった相談が来るんだけど、そんな時は富裕層向けの商品、サービスを作ることをすすめる。

だけど、実際に富裕層向け商品、サービスを作成して、ビジネスをする人は殆どいない。

その理由は、

「自分には富裕層の役に立てることは無い」

といった勘違いとセルフイメージの低さがあると僕は感じている。

でもね、富裕層の人たちも1人の人間で、悩んでいることがあって、しかも、その悩みは普通の人と大して変わらないし、その悩みの解消に役立てることがあるんだよね。

 

以前の僕も、自分には富裕層や経営者たちに対してセミナーはできないと思っていた。

でも、彼らと1人の人間として接するうちに、自分にも役に立てることが分かって、彼らに対してセミナーをするようになったんだよね。

そして、そのセミナーは喜ばれ、紹介もして頂けるようになった。

富裕層はセミナーに参加しないと思っていたし、できないと思っていたけど、そんなことは全くの勘違いだったね。

 

 

富裕層の人たちも、悩んでいることがあって、それを解消するためにセミナーに参加する。

だけど、富裕層についてのフィルターがかかっていると、そこに気が付かないことも多い。

富裕層だからだとかそんなことは脇に置いて、1人の人間としてしっかりと見る。

それが大切だね。

コメント