外国人の女性経営者に富裕層向けビジネスを提案したら「できない」と断られた件

先日、テレビ朝日の『陸海空 地球征服するなんて』でアメリカで大人気のツアーが紹介されていました。

7泊で約30万円ほどする高額ツアーにも関わらず、2018年分はソールドアウト!

リピーターもいるほど大人気なツアーなわけです。

 

このツアーは、アメリカの特徴を示す、あるものを見るためのツアー。

それを見るために1日500キロ以上の距離を車で移動するのも当たり前で、しかも、必ずしも見れるかどうかもわからないという理不尽さ

そんな理不尽なツアーに30万円を払い、ソールドアウト。

それだけの魅力がこのツアーにはあるわけですね。

 

このツアーの魅力は、どこにあるのか?

それは。。。

 

竜巻

 

アメリカで人気沸騰のツアーは、アメリカの特徴ともいえる竜巻を車で追い続け、近くで見るためのツアーなんですね。

(画像引用:https://www.tempesttours.com/

アメリカっぽいというか、非常に面白いツアーですね。

僕も参加してみたいです。

(竜巻ツアーは、こちらをご参照ください)

 

 

この番組を見ている時、フィリピンのツアー会社の女性経営者 Mさんのことを思い出しました。

僕は以前、オンライン英会話をやっていたのですが、その時の先生がMさんでした。

 

彼女との初めての会話、お互いの自己紹介が始まります。

僕が日本でビジネスコンサルティングをしていて、セミナー講師でもあるということを自己紹介すると、

「私のコンサルティングをしてほしい」

とMさん。

僕の低レベルな英語でコンサルティングができるのかは疑問でしたが、何事もチャレンジということで、Mさんの話を聞くことに。

話を聞くと夫婦で旅行代理店をやっているけど、お客さんが来ないため、オンライン英会話の先生としてバイトしているとのこと。

「どうしたら私のツアー会社の売上が上がるのか、アドバイスを頂戴」

とMさん。

 

これは僕の英語力が問題なんだけど、Mさんの会社で得られた情報は、うまくいっていない、ということだけ。

これだけでは、細かいアドバイスはできないと感じたので、ビジネスで鉄板の商品単価アップについて話すことに決め、

「富裕層向けのツアーを販売してみたらいかがですか?

数を売らなくても、利益は大きくなりますよ」

と僕。

それに対するMさんの返事は、

「それは、日本人はお金を持っているからできるのよ。

フィリピンはお金を持っていないから出来ないわ」

 

はい、出ましたよ!わたしには出来ない!

こうした富裕層ビジネスを提案すると、「できない」っていう人がいるんだけどね、日本だけでなく外国でも言い訳は同じなんだなぁ。

わたしには出来ない、という言葉で自分の可能性を潰してしまうのは、ほんとモッタイナイ。

 

Mさんは、「日本人がお金持っているからできる」っていうけど、フィリピンにも富裕層はいるからね。

例え、いなかったとしても日本の富裕層が参加したくなるツアーを企画すれば良いだけだよ。

と、追加で話そうと思ったけど、そこでレッスン終了。

その後は、Mさんがどうなったのかは分からない。

 

そんなMさんとのやり取りを、竜巻ツアーのテレビ番組を見ていて思い出したんですよね。

一方は、30万円の高額ツアーがソールドアウト。

一方は、高額ツアーはできないと言い、アルバイトしている。

別にどっちが良い悪いではないし、やるやらないは自由だけど、やりたいことがあるのであれば、「できない」とか言ってないで、やりたいことができるようにした方が良いんじゃないかな、と思う。

 

これは、セミナービジネスでも同じ。

「売上が上がらない」という方に富裕層向けサービスの開発を勧めると、

「それはできません」

「それはタイミングではないです」

と、返ってくる場合は多い。

セミナービジネスを発展させるための手段として、富裕層サービスがあるのに、やりもしないうちから「できない」と決めつけ、自分の可能性を潰している。

富裕層セミナービジネスをやるやらないは自由だけど、ビジネスを発展させる可能性をハナっから潰す必要もないんじゃないかな?

自分の可能性、チャンスを潰しているのは、本当にモッタイナイと思う。

本当にセミナービジネスをしたいのであれば、自分の可能性を信じて、試していきたいものですね。

コメント