自分を創る言葉、自分を壊す言葉

今朝、久々に『新世界カフェ』を開催しました。

テーマは、『言葉』。

様々な宗教で、言葉が世界を創る、と言われているように、新世界を創っていくためには言葉についての理解が必要だと感じ、

世界を美しくする言葉
世界を不細工にする言葉
生き方を美しくする言葉
生き方を不細工にする言葉

などを参加者と雑談をしながら見つけていくことが今回の趣旨です。

 

開催前、僕は、「ありがとうは世界を美しくする言葉だよね~」といった、いわゆる自己啓発的な会話が広がっていくのではないかと想像していましたが、最後までそのような会話にはなりませんでしたね。言葉に対する自分の意味付けに関する話題から始まり、言葉にポジティブもネガティブもなく、結局は自分の選択した言葉によって現実が創られているという話に繋がっていきました。

 

そうした会話の中でキーワードとなったのは、クリエイティブワードとデストロイワード。このどちらを選択するかで、目の前の現実が変わっていくのではないか?、という話になりました。

クリエイティブワードは、自分を創る言葉。この言葉を使うと、望む未来をドンドンと創り出すことができ、創造的な人生を生きることができます。自分を中心に新世界を創り出すことができます。

デストロイワードは、自分を壊す言葉。この言葉を使うと、望む未来はドンドンと壊されていき、破壊的な人生を生きることになります。今と変わらない旧世界に生き続けることになります。

例えば、「私はできない」。これは非常に分かりやすいデストロイワード。本当はできるかもしれないのに、「私はできない」と口にすることで、行動せず、自分の手で未来の可能性を潰してしまいます。しかし、これを「とりあえずやってみよう」に変えたらどうでしょう。未来の可能性はグンと広がり、新しい自分を作り出すことができますね。これがクリエイティブワードです。

 

ここで勘違いしないでおきたいのは、クリエイティブワード、デストロイワードに善悪も優劣もないということ。どっちを使うかは、個人の選択の自由だということです。創造的な人生を歩みたいのであればクリエイティブワードを、破壊的な人生を歩みたいのであればデストロイワードを選択すればよい。ただそれだけ。結局のところ、自分の幸せに相応しい言葉は何かを自分で考え、選択し、使用する。それだけのことで、言葉のポジティブとかネガティブとかはどうでもいいのかなと。そもそも、言葉自体にポジ、ネガはありませんからね。

 

ここで問題が一つあります。それは、創造的な人生を歩みたいのに無意識でデストロイワードを使っていたり、言葉の意味を間違って使っていたりすると、目の前に現れる結果が望まないモノになってしまうということ。なので、もし本当に創造的な人生を歩みたいのであれば、言葉の意味を正確に捉え、最適な言葉を使うこと。何となく雰囲気で使用するのではなく、理解と意図を持って使用することが大切ではないか?

そんな意見でまとまり、今回の新世界カフェはタイムアップとなりました。

 

ほんの1時間ほどの雑談ですが、ここまで話が展開していったのは非常に興味深く、気づきが大きかったですね。クリエイティブワード、デストロイワードという切り口もとても面白く、新世界を創るうえで、美しい生き方をするうえで参考にしたいキーワードとなりました。これからも新世界カフェで、一緒に新世界について考えていきたいと思います。

コメント