セミナーで共通ゴールを設定する理由は、分離感を無くし○○意識を芽生えさせるため

先日から、「富裕層・エグゼクティブ向け高単価セミナービジネス」を構築するための月額制会員プログラム World Seminar Academy(通称:WSA)がスタートした。

 

WSAには、1つの共通のゴールが設定されている。

そのゴールとは、

『年収1000万円以上の富裕層・エグゼクティブ向けに参加費100万円超えの高単価セミナービジネスを構築すること』

 

実際のところ、参加メンバーにはそれぞれが掲げたゴールがある。

富裕層やエグゼクティブ向けのセミナービジネス構築を目指している人もいれば、そうでない人もいる。

セミナーはやらないけどエグゼクティブ向けサービスを作りたい人もいる。

これから起業をするため勉強に来ている人もいる。

本当に目指すゴールはバラバラだ。

 

共通のゴールを掲げたとて、それに従う必要は全くない。

もちろん強制力もない。

メンバー各人が掲げたゴールを目指し、達成してくれればそれでいい。

メンバーが掲げたゴールを、あれこれコントロールするつもりは毛頭ない。

 

メンバーが従う必要のない、目指す必要のない共通のゴール。

本当に必要なのか?

と問われれば、答えはYES!

 

実は、共通のゴールは、講座において大きな役割を果たす。

 

共通のゴールを設定することによって、生み出されるものは何か?

 

それは。。。

 

われわれ意識

 

 

私は、主婦向けのセミナービジネスを構築します。

私は、学生向けのコーチングを売ります。

私は、これからビジネスの種を見つけます。

など、それぞれのゴールを目指すのは構わないが、そこにあるのは、

わたしはわたし、あなたはあなた

という分離感。

 

この「わたし」「あなた」という意識を、共通のゴールを提示することによって「われわれ」という意識に変え、その信頼度を短時間で深くすることができるのだ。

 

WSAで言えば、

『年収1000万円以上の富裕層・エグゼクティブ向けに参加費100万円超えの高単価セミナービジネスを構築する』

という共通のゴールが示されることによって、

 

われわれはどこに向かっているのか?

 

を全員が把握し、同じ方向に向かう仲間としての意識が芽生える。

 

例えるなら、同じ行先のバスに乗っているのうなモノ。

途中で降りる人もいるし、乗り継ぐ人もいる。

しかし、同じバスに乗っているという仲間意識は感じるのだ。

それぞれの行先にそれぞれがタクシーに乗ったのでは、この『われわれ意識』は芽生えるはずもない。

 

どんなセミナーでも大切なことは、「わたし」「あなた」という分離感を無くし「われわれ」という意識にかえること。

これは、講師や受講者、スタッフなど関係者全員が、同じ方向を向き、進み始めるということになる。

分離感によってそれぞれが別の方向に進んでいる状態と、われわれ意識による統一感によって全員が同じ方向に進む状態。

どちらが早く確実に前に進むのか?

これはもう言うまでもないね。

 

共通のゴールで『われわれ意識』を芽生えさせ、セミナーを本当に成長できる場に変えていこう。

コメント