集客いらず?3万円のセミナーなら5分の雑談で売れます!

「コーチングの無料セッションだったら、5分もあれば獲得できちゃうよ」

クライアント獲得で悩んでいるコーチからの相談に対して、僕はそんな一言を放ちます。

するとです。

「えっ!どうやるんですか?もう少し詳しく教えてください!」

かなり前のめりになって、十中八九こんな返事がかえってくるわけです。

 

セミナー講師に対しては、こんな一言。

「バックエンドの成約率は、椅子の並べ方を変えれば40%になるよ」

するとです。

「えっ?本当に?もう少し教えてくださいよ!」

 

プレゼンテーションが苦手な人には、こんなことを言ったこともあります。

「人前で話す苦手意識は、5時間でスッカリなくなりますよ」

この時も帰ってきた言葉は、

「マジですか!どうやるんですか?」

 

こうした会話の後、僕は自分のコンサルやセミナーを成約に繋げることができました。

それにかかった時間は、およそ5分ほど。

5分で3万円のセミナーの申込に繋がりましたね。

10分で36万円のコンサルが売れたこともあります。

このようにセミナーやコンサルは、長々と時間をかけてセールスをしなくても、売ることができるんですね。

しかも、雑談の中でスルッとです。

 

わずか5分で商品を売るために必要なことは、最初のわずか15秒ほどで相手の興味をひき、

「えっ!どうやるんですか?もう少し詳しく教えてください!」

という反応を引き出せるかどうか。

これができたら、もうこっちのペース。

商品成約は、それほど難しくはなくなります。

セールスが難しいと感じるのは、「えっ!どうやるんですか?もう少し詳しく教えてください!」を引き出せないからですね。

 

セールスとは、目の前の人を幸せにするアイデアを提案し、取り入れてもらうまでの一連の行為のことです。

ですので、まず最初に、目の前の人を幸せにするアイデアの提案があり、その後に取り入れてもらう行為があります。

前半をすっ飛ばし、取り入れてもらうと思っても、成約まではかなりのイバラの道。

時間と労力をかけてるのに、思ったよりも成果が上がらなくてグッタリ。。。

そんなことになるわけです。

 

売られる側の気持ちになってみたらよく分かりますよ。

自分の興味がないものを長々とゴリ押しされる苦痛ったらないでしょ?(苦笑)

逆に、

最初に自分を幸せにしてくれるアイデアをポンと目の前に出されたら?

もっと話を聞いてみたいと思いますよね。

目の前の人を幸せにするアイデアの提案がセールスのスタートなんです。

 

「コーチングの無料セッションだったら、5分もあれば獲得できちゃうよ」
「バックエンドの成約率は、椅子の並べ方を変えれば40%になるよ」
「人前で話す苦手意識は、5時間でスッカリなくなりますよ」

というのは、雑談で話しているのでくだけた言い回しですが、目の前の人を幸せにするアイデアの提案です。

こうした提案をすると、

「えっ!どうやるんですか?もう少し詳しく教えてください!」

を引き出すことができるんですね。

 

セールスの基本は、

誘引
誘惑
誘導

の3ステップです。

興味をひき(誘引)、したい気にさせ(誘惑)、行動を促す(誘導)

これを意識すれば、5分の雑談でも10万円の商品が売れていきます。

これができたら、セミナーに人を集めるとか、フロントセミナーでバックエンド商品を売るとか、その辺りの悩みは大幅に改善されていきますよ。

 

セールスはまず、目の前の人を幸せにするアイデアの提案で誘引すること。

『目の前の人を幸せにする』という愛がスタートですね。

コメント