話題沸騰中!「カメラを止めるな!」で再確認したセミナービジネス経営の教訓

現在、話題沸騰中の『カメラを止めるな!』を観てきました。

夏休みでもあるし、映画の日で鑑賞料1000円ということもあってか、チケットを買うのに結構な行列。

初回は10時半からの上映だったのですが、10時の時点で初回のチケットは完売。

チケットを買うだけで行列なんて、人気のほどがうかがえますね。

 

テレビの報道番組でもニュースになるほど、話題沸騰中なのですが、驚くべきはその製作費。

製作費は、なんと300万円。

300万円って、新車のプリウス1台分くらいですよ。

どれだけ予算少ないんだって話です(笑)

しかも、キャストは無名すぎて誰一人わからない。

何せ、予算300万円ですからね。

当然、そうなります。

そんな低予算、無名の俳優で製作されたインディーズ映画は、東京都内の劇場2館からスタート。

にもかかわらず、人気が爆発し、現在は全国40の劇場で公開が予定されているとのこと。

いやぁ、凄い!!

 

映画自体も非常に面白かったですよ。

上映後、観客から拍手が沸き起こってましたね。

映画で拍手が起こるのは、なかなか見られないですが、この「カメラを止めるな!」というのは、それだけの面白さがあり、人に進めたくなる魅力のある映画だということです。

予算は、300万円です。

300万円でも、そこまでできるんですね。

 

過去にパラノーマル・アクティビティというアメリカ映画がありました。

この映画は製作費15,000ドル(約200万円)で製作され、人気を呼び、全世界で公開され、シリーズ化されました。

 

これらの成功例を見ると、予算をかけなくても、それだけ人を魅了する映画を作れる、ってことに気が付かされますね。

人を魅了する映画に、必ずしも有名俳優やCGや大掛かりなセットは絶対条件ではないなぁと。

 

 

これは、セミナービジネスの世界でも心したい教訓です。

これまでの経験上、セミナービジネスでうまくいかない人ほど、

新しいスキルが手に入れば。。。
自分に合ったセミナーに参加できれば。。。
広告費をもっとかけられれば。。。
時間がもっとあれば。。。
公認○○を取得できたら。。。

もっと、もっと、もっと。。。

こんなことを考えていますね。

「○○があれば、自分は成功する」

そのように思っているんですね。

しかし、そのような人は、手に入れば成功すると思っていた○○を手に入れても、成功することはありません。

 

なぜなら、自分の頭で知恵を絞ることをしないからです。

 

自分で考え、知恵を振り絞れば、今現在持っているリソースをフルに活用でき、道は開けていきます。

にも拘わらず、自分で考えることもせず、手を動かすこともせずに、何かが手に入れば成功すると考えるのは、

新しい参考書を買ったら成績が上がる
高価な楽器を手に入れたら演奏が上達する
新しいゴルフクラブを買ったらスコアが伸びる

と同じレベル。

そんなの幻想です。

 

かつての僕は、そんな幻想に取りつかれていた状態でしたね。

バンドやってた時は、高価な機材を購入して演奏がうまくなった気になっていました。

そして、セミナービジネスをするようになってからは、「海外のセミナーに行けば顧客が増える」、そのように思っていましたね。

当然ながら、そんなの幻想。

演奏が上手くなるわけもないし、海外セミナーの卒業証書を貰ったからと言って、セミナーに人が集まることもありません。

完全にツールに依存し、幻想に取りつかれていた時期がありました。

 

『何かがあれば、自分はうまくいく』

これはまるっきりの幻想。

無いものを求めるのではなく、今あるものをしっかりと見て、知恵を振り絞る。

その大切さを「カメラを止めるな!」で再確認することができましたよ。

頭は飾りじゃないですからね。

シッカリ使っていきましょう。

コメント