セミナーに人を集めるためには人が集まるセミナーを開催すること

セミナーに人を集めたいのであれば、人が集まるセミナーを開催することです。

人が集まるセミナーを開催すれば、人が集まります。

逆に人が集まらないセミナーを開催しては、人は集まりません。

だって人が集まらないセミナーですから、集まるわけがありません。

人が集まらないセミナーに頑張って集めようとするのは、非常にイバラの道。

セミナービジネスを経営するのであれば、人が集まるセミナーを開催することは必須と言えるでしょう。

 

セミナーに人を集めることは、実はそれほど難しくありません。

セミナーに人を集めるプロセスは、

  1. Ask
  2. Get
  3. Give

の3ステップ。

この3ステップを用いれば、セミナービジネスだけでなく、あらゆるビジネスで商品を売ることができるようになります。

 

最初のステップAskとは、聞くこと。見込み客が何に悩み、何を望み、どんな商品を求めているのか、を聞いていきます。

見込み客が求めているものが分かったら、求めるものを手に入れてくる、もしくは作り出します。これがGetであり、商品作成にあたります。

商品が出来上がったら、見込み客の目の前に出します。Giveです。

 

見込み客が求めているものを知り、用意し、目の前に出す。

 

実はこれだけ。本当にこれだけです。実にシンプルですね。

 

これだけシンプルにも拘らず、セミナー集客ができない、セミナーに人が集まらない、と悩んでいる人が多い理由は、Askのステップをすっ飛ばし、Getから入るためです。

見込み客が求めているものを知らずに作られたセミナーは、的外れな場合が多く、それを頑張って売ろうとしても、その道は限りなくハード。

だって、売れるかどうか分からないセミナーを売ろうとしているのだから、当然のことです。

Askをしないセミナー、つまり、見込み客が求めているかどうか不明瞭なセミナーが人が集まらないセミナーであり、このセミナーを売っても時間と労力の無駄遣いですね。

 

Askのステップを踏み、見込み客が求めているセミナーを知ると、売れるセミナーを作ることは非常に簡単です。

欲しいものを教えてくれているので、それを用意し、目の前に差し出すだけ。

そして、目の前に出されたら手に取ることも分かっています。

これが人が集まるセミナーです。

Askをすれば、どんなセミナーを作ればいいのかだけではなく、売れるということもハッキリと分かります。

こうなれば、あとは行動するだけですからね。

労力も時間も無駄が無く、最短で成果をあげることができます。

 

 

かつての僕は、Askをすっ飛ばして、人が集まらないセミナーばかり開催していました。

自分がやりたいセミナー、求められているだろうと予測したセミナーを企画しては、コピーライティングでそれらを売ろうとしていたんですね。

それらは通っていたコーチングスクールの友人たちには、売れました。

しかし、コミュニティ外の人にはさっぱり売れず、やがてコミュニティ内でも全く売れなくなっていきました。。。

 

ウンウンと頭を捻って企画を練り、セールスレターを書き、告知をする。

直接メールでセミナーの案内を出したり、セミナーの紹介をお願いしたりもしました。

が。。。全くセミナーに人が集まらず。。。

 

Askのステップでお客様の求めているものを知ろうともせず、自分の思い込みだけで売ろうとしていたんですから、当然の結果ですね。

 

何をやってもうまくいかない時期が続き、セミナービジネスに疲れていた時、ふとピーター・セージの

「ライバルの事を見る暇があったら、お客様をもっと見なさい」

という言葉を思い出しました。

「そういえば、お客様の事を全然見ていなかったな」

と反省し、それからじっくりとお客様を見るように、つまりAskをするようにしていったんです。

すると、お客様が求めているもの、悩んでいることがハッキリと理解できました。

 

お客様が求めているものが理解出来たら、こっちのモノ。あとはGetとGiveをするだけでしたね。

セミナーセールスに関するセミナーを販売していたのですが、さほど集客をしなくても、ブログやメルマガをせずとも、少しずつ参加者が増えていき、あまりの状況の変化に理解が追い付いていかないほどでした。

Askをシッカリすると結果がこんなにも違うものか!

それほど大きな違いがあり、人を集めるセミナーはこうやって作るのだということが体感で分かりました。

 

セミナーに人を集めるには、人が集まるセミナーを開催すること。

そのためには、Askのステップを飛ばさず、お客様への理解がスタートですね。

コメント